よくある不備

添付する書類についてのよくある不備について

添付書類に不備がある場合、内容の確認などに時間を要するため、給付までに通常よりも大幅に時間を要します。また、給付金の給付ができない可能性がありますので、申請の手続きの前に、以下に掲げるような不備がないかをご確認ください。


賃貸借契約情報における不備

賃貸借契約が、2020年3月31日時点と申請日時点の両方で有効であることが確認できない。
契約期間が自動更新の場合においても、契約期間内に20年3月31日と申請日が含まれていない場合はNG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
契約の更新が行われている場合、更新覚書(更新覚書がない場合には、「賃貸借契約等証明書」)を添付しましたか?(くわしくは、こちら※1をご確認ください。)
賃貸人および賃借人の署名(フルネーム)または捺印が確認できないなど、契約書の有効性が確認できない。
捺印が無いかつ署名(フルネーム)が無い場合はNG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
賃貸借契約書に、賃貸人と賃借人それぞれのフルネームの署名、または記名押印がありますか?


賃貸借契約書が有効であることを確認するために、賃貸人と賃借人双方の署名(フルネーム)または記名押印が原則として必要となります。

賃貸借契約を結んでいるが、賃貸人と賃借人双方の署名(フルネーム)または記名押印がある契約書をお持ちでない場合、賃貸借契約書の代わりとして「賃貸借契約等証明書(契約書等が存在しない場合)」をご提出ください。(なお、契約期間に2020年3月31日と申請日が含まれている必要があります。くわしくは、こちらをご確認ください。)

上記の様式については、こちらよりダウンロードいただけます。
書類をスキャンまたは撮影し、PDF・JPG・JPEG・PNG形式でご準備ください。
賃貸契約書以外の土地・建物の使用対価を定めた契約を証明する書類を添付しているが、申請画面の「契約・書類有無確認」の項目で、「賃貸借契約書ではないが、土地・建物の使用対価を定めたその他の契約がある。」を選択していない。
賃貸借契約書以外の契約書を提出しているが、「土地・建物にかかわる賃貸借契約書をもっている」を選択している場合は、NG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
申請画面に入力した情報に関連し、契約書など(賃貸借契約書ではない、土地・建物の使用対価を定めた契約など)を全て添付しましたか?


駐車場使用(利用)契約書など、賃貸借契約書と記載がない契約書をお持ちの場合には、申請画面の「契約・書類有無確認」のページで、「賃貸借契約書ではないが、土地・建物の使用対価を定めたその他の契約がある。」を選択してください。

なお、賃貸借でない契約が給付対象となるかは、個別判断となります。
判断などに時間を要するため、給付までに通常よりも大幅に時間を要する場合がございます。また、判断の結果、給付金の給付が出来ない場合がありますので、ご留意ください。
入力された賃貸人の氏名が賃貸借契約書に記載されている賃貸人の氏名と一致していない。

**もう一度、申請内容を御確認ください**
申請画面に入力した賃貸人の氏名と、賃貸借契約書に記載されている賃貸人の氏名は、完全に一致していますか?


賃貸借契約書に記載されている賃貸人を入力し、申請してください。
なお、契約書に記載された賃貸人と現在の賃貸人が異なる場合、「賃貸借契約等証明書(契約書等の賃貸人等と現在の賃貸人等の名義が異なる場合)」を添付し、申請してください。(くわしくは、こちらをご確認ください。)

「賃貸借契約等証明書(契約書等の賃貸人等と現在の賃貸人等の名義が異なる場合)」の様式については、こちらよりダウンロードいただけます。 書類をスキャンまたは撮影し、PDF・JPG・JPEG・PNG形式でご準備ください。

支払い実績における不備

支払実績を証明する書類において、口座名義人・振込先・振込日付・振込金額が確認できない。
口座名義人・振込先・振込日付・振込金額が確認できない場合はNG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
  1. 申請直前の3ヶ月分の賃料の支払実績を証明する書類を添付しましたか?
  2. その書類では、口座名義人・振込先・振込日付・振込金額を確認できるようになっていますか?

直前3か月の賃料の支払実績を証明する書類として、以下の書類を添付ください。
  1. 銀行通帳
  2. 銀行取引明細書(振込明細書)
  3. 賃貸人(かしぬし)からの領収書
また、上記書類をご準備できない場合には、「支払実績証明書」をご提出ください。

「支払実績証明書」の様式については、こちらよりダウンロードいただけます。
書類をスキャンまたは撮影し、PDF・JPG・JPEG・PNG形式でご準備ください。
自宅兼事務所であるが、地代・家賃以上の支払い実績が申請されている。
事務所として利用している分以上の賃料を入力している場合は原則NG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
  1. 自宅兼事務所として利用している場合、事業用の地代・家賃として税務申告している部分に相当する金額のみを入力しましたか?
  2. 住居部分の地代・家賃を含めて申請をした場合、申請が不備となり、修正の必要や給付までの時間がかかることがあります。

自宅兼事務所として利用している場合は、事業用の地代・家賃として税務申告している部分のみ、給付の対象となります。
原則、申請画面において、「直近1か月の支払い家賃」に事業用として利用している地代・家賃の金額をご入力ください。

給付金を振込する口座情報における不備

入力された口座名義と通帳の口座名義が一致していない。
通帳の口座名義と申請内容が一致していない場合はNG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
申請画面に入力された口座名義と、通帳の口座名義が一致していますか?


入力された口座名義と通帳をひらいた1・2ページ目に記載されている口座名義(カタカナ)が一致しているか確認し、申請してください。
入力された口座番号と、通帳の口座番号が一致していない。
通帳の口座番号と申請内容が一致していない場合はNG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
申請画面に入力された口座番号と、通帳の口座番号が一致していますか?


入力された口座番号が通帳に記載されている口座番号と一致しているか確認し、申請してください。

なお、通帳に記載されている口座番号が7桁未満の場合、はじめに”0”をつけてから通帳に記載されている口座番号を入力し、申請してください。

例)
口座番号”123456”の場合、入力画面において”0123456”と入力
口座番号”12345”の場合、入力画面において”0012345”と入力
通帳の口座名義と申請者が一致していない。
通帳の口座名義と申請者が一致していない場合はNG。
**もう一度、申請内容を御確認ください**
申請画面に入力された口座名義と、通帳の口座名義が一致していますか?


通帳の口座名義と申請者が一致している必要があります。
申請者自身の口座情報で申請ください。くわしくは、こちらをご確認ください

確定申告書類における不備

確定申告書の別表一または確定申告書第一表ではなく、消費税の確定申告書が添付されている。
該当する年度のものではない古い確定申告書が添付されている。
申請画面で入力した売上と、確定申告書に記載されている売上が異なる。
法人事業概況説明書の1枚目に売上の記載がない。
法人事業概況説明書の2枚目に月別の売上の記載がない。
確定申告書別表一または確定申告書第一表の控えの収受日付印がない。
e-Taxの受信通知が添付されていない。
  1. ④~⑦について、記載や印のある資料の提出や通知の添付がどうしても困難な場合、代替措置が認められる可能性があります。
    詳しくは、 確定申告書類の例外をご確認ください。

売上台帳における不備

売上台帳の売上と、入力した売上が一致しない。
売上台帳の月・期間と、入力時に選択した月・期間が一致しない。
売上台帳ではなく、勤務日報、通帳の入金記録、請求書などを添付している。
今年の売上台帳ではなく、昨年の売上台帳を添付している。
添付された売上台帳に記載されている月が対象期間外になっている。(今年ではない、申請日よりも未来の月など。)

書類の添付にあたってよく発生する不備

添付するファイルにパスワードが設定されている。
画像がぼやけて情報を読むことができない。
撮影時の角度により、必要な情報が撮影範囲から見切れている。一部しかうつっていない。
申請している法人や申請している方とは、別の法人、別の方の書類が添付されている。
個人番号(マイナンバー)が記載されている。
書類の添付のよく発⽣する不備
個人番号(マイナンバー)が記載された書類の取り扱いについてご注意ください

個人番号(マイナンバー)は厳重に管理いただき、添付する書類に記載がないことを必ずご確認ください。個人番号(マイナンバー)が記載された書類を添付した場合、書類の不備となり、再申請をお願いする場合があります。


個人番号(マイナンバー)が記載されている書類

  1. 確定申告書(原本)
  2. 住民票の写し
  3. 個人番号(マイナンバー)カード
    1. 番号が記載されていないオモテ面のみを添付してください。

書類添付する方法

以下の手順で個人番号(マイナンバー)が記載された書類を添付してください。


  1. 確定申告書(原本)や住民票の写しなどに、個人番号(マイナンバー)が記載されているか確認します。
  2. 個人番号(マイナンバー)の部分を付箋等で隠すか黒塗りをするなどして読み取れないようにします。
    1. スキャンまたは撮影したあとに、画像加工ソフトなどを用いて個人番号(マイナンバー)の部分を隠しても問題ありません。
  3. 書類をスキャンまたはスマートフォンなどで撮影します。

書類の添付のよく発⽣する不備
書類の添付のよく発⽣する不備
書類の添付のよく発⽣する不備