賃貸借契約書の写し

準備する書類について

賃貸借契約書は、申請者ご自身の名義で契約されていること、2020年3月31日と申請日の両方で有効なものであることが必要です。


書類を添付する前に、以下の点をご確認ください。

  1. 賃貸借契約であることが確認できる箇所に印をつける
  2. 土地・建物の契約であることが確認できる箇所に印をつける
  3. 押印されていることを確認する。ただし署名があれば押印は不要
  4. 賃貸人(かしぬし)が現在の賃貸人(かしぬし)と同じであることを確認する
  5. 賃借人(かりぬし)が申請者ご自身の名義であることを確認する
  6. 対象となる土地・建物の住所がわかる箇所に印をつける
  7. 2020年3月31日時点と申請日時点の両方で有効な契約であることを確認する
  8. 申請する該当費用(賃料、共益費・管理費)に印をつける
賃貸借契約書

例外について

上記の条件を満たしていなくても、追加の書類やかわりの書類を添付することにより、例外的に申請が認められる場合があります。
ただし、通常よりも確認に時間を要することがあるので、ご注意ください。

  1. 名義が異なる場合
  2. 契約を更新している場合や、引越しなどにより3月31日と申請日とで異なる契約が締結されている場合
  3. 契約書が存在しない場合

詳細は、申請要領 中小法人等向け 別冊個人事業者等向け 別冊「別冊2. 給付に必要な書類が準備出来ない場合」をご確認ください。

書類をご用意いただく際のご注意

書類の撮影方法などに不備がある場合、給付金のお支払いができません。必ず以下をご確認の上、書類をご用意ください。