確定申告書第一表の控え

準備する書類について

  1. 申請にもちいる売上が減った月・期間と比較する2019年分のものを、添付してください。
  2. 確定申告書第一表の控えには、収受日付印の押印、または電子申告の日時・受付番号が記載されていることをご確認ください。
  1. 確定申告書第一表に記載されているマイナンバー(個人番号)は黒塗りし、読み取れないようにしてから提出してください。
  2. 消費税の確定申告書ではなく、確定申告書第一表であることをご確認ください。

確定申告書類の例外の場合

  1. 2018年分のものを添付してください。

新規開業特例の場合

  1. 売上が減った月・期間と比較する2019年分のものを添付してください。

事業承継特例場合

  1. 事業の承継を行った方の名簿によるものを添付してください。
  2. 売上が減った月・期間と比較する2019年分のものを添付してください。

罹災特例の場合

  1. 罹災証明書等を受けた日の属する前年分のものを添付してください。

法人成り特例の場合

  1. 個人事業者として提出した2019年分のものを添付してください。
確定申告書第一表
確定申告書第一表の収受日付印の押印イメージ

収受日付印の押印などがない場合

収受日付印の押印、または電子申告の日時・受付番号の記載(e-Taxの場合は受信通知)がない場合、以下の書類に記載された売上を追加で提出してもらうことになります。

  1. 添付する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)
  1. 「納税証明書」の追加添付が出来ない場合も申請を受け付けますが、内容の確認等に時間を要するため、給付までに通常よりも大幅に時間を要します。また、確認の結果、給付金の給付ができない場合があります。

書類をご用意いただく際のご注意

書類の撮影方法などに不備がある場合、給付金のお支払いができません。必ず以下をご確認の上、書類をご用意ください。