国民健康保険証等の写し

準備する書類について

国民健康保険被保険者証の写しは、資格取得日が、確定申告書等と同じ年、またはそれ以前のものであり、申請日時点で有効期限内のものに限ります。

国民健康保険被保険者証

制度上の理由などにより、国民健康保険証が提出できない個人事業者等については、以下のいずれかの書類で代替することができます。


  • 任意継続制度をご利用の方

    • 健康保険組合に加入されていた方

      任意継続被保険者証(※1)+
      退職証明書(※2)または雇用保険被保険者離職票
      国民健康保険被保険者証の代替書類
      • 特例退職被保険者制度をご利用の方

        特例退職被保険者証(※1)+
        退職証明書(※2)または雇用保険被保険者離職票
        国民健康保険被保険者証の代替書類
    • 共済組合に加入されていた方

      共済組合員証(※1)+
      退職証明書(※2)または雇用保険被保険者離職票
      国民健康保険被保険者証の代替書類
  • 後期高齢者医療被保険者制度をご利用の方

    後期高齢者医療被保険者証(※1
    国民健康保険被保険者証の代替書類
  • 中小企業協同組合法第3条第4号に規定する「企業組合」に属する個⼈事業者の方

    企業組合が作成した書類
    所属する企業組合が作成した、以下の①~③を満たす書類
    ① 申請者が、組合員として事業に従事する個人事業者であること
    ② 申請者が、雇用保険の被保険者ではないこと
    ③ 企業組合または企業組合の代表理事の署名、または記名押印があること

  1. 書類にマイナンバー(個人番号)が記載されている場合は、黒塗りして読み取れないようにしてから提出してください。
  2. 書類が申請日時点で有効期限内であることをご確認ください。
  3. いずれの書類も、申請者本人名義のものであることをご確認ください。
  1. 氏名・生年月日がわかるオモテ面のみを添付してください。
  2. 「退職証明書」とは、退職前に所属していた企業が発行した書類を指します。

書類をご用意いただく際のご注意

書類の撮影方法などに不備がある場合、給付ができません。必ず以下をご確認の上、書類をご用意ください。