申請日の3か月前までの期間に、
賃貸人(かしぬし)から賃料の支払いの免除などを受けている場合

申請には、申請前の3か月間、賃料などを支払っている実績が必要ですが、賃貸人(かしぬし)から賃料などの支払いの免除または猶予を受けている場合や、支払いを滞納している場合でも、給付が受けられる例外です。

ただし、この例外による場合は、 最低でも申請日から1か月以内にひと月分は賃料を支払っていることが必要 となります。

賃貸借契約関係を確認するために必要な書類

以下の書類を添付してください。

賃貸借契約書の写し
以下のいずれかひとつ (※1)
  1. 申請日から最低1か月以内にひと月分の賃料を支払ったことを確認できる銀行通帳の写し
  2. 銀行取引明細書(振込明細書)
  3. 賃貸人(かしぬし)からの領収書
以下のいずれかひとつ
  1. 申請日の3か月前までの期間に、賃料の支払いの免除もしくは猶予をうけていたことを証明する書類
  2. 支払免除等証明書 様式6
  1. 以上に加えて、別途、準備する書類が必要です。
    1. 電子通帳や当座口座などで、紙媒体の通帳がない場合は、電子通帳などの画面などの画像を添付してください。
    2. 該当する振込がわかるよう対象箇所に印をつけてください。
    3. 口座名義人・振込先・振込日付・振込金額がわかるようにスキャンまたは撮影してください。
賃料などを支払ったことを証明する書類

書類をご用意いただく際のご注意

書類の撮影方法などに不備がある場合、給付ができません。必ず以下をご確認の上、書類をご用意ください。